大洋システムテクノロジー HYBRIDE(ハイブライド)のblog

㈱大洋システムテクノロジーのコンサルティング部隊HYBRIDE(ハイブライド)によるブログです。 各種ソリューション(データ分析、BPR、PMO、システム関連など)や社員紹介、各種イベントなどの内容をご紹介します。

コンサルタント

HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!

こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
HYBRIDEでは、各コンサルタントの専門領域をお互いに共有する取り組みを推奨しており、今回はその一環として開催した、製薬業界に関する研修についての研修内容についてご紹介します。
今回の研修は導入編の位置づけで、製薬業界の経験がないメンバーを対象に、初歩的な内容を中心としています。

■①製薬は製造業、ですが…

資料1
製薬会社はくすりを製造して販売する製造業ですが、他の製造業と単純にひとくくりにはできません。独特のルールや法律などがある、ちょっと特殊な業界です。

たとえば、自社の商品の定価を決めるのが自社ではなく国であること、自社営業担当(MR)は顧客である医師がいる医療機関を訪問し商品であるくすりの宣伝等を実施しますが、できるのは宣伝だけで「お安くしますので是非」とは言えないこと(価格交渉ができません)、景気が悪いからといって「病院に行くのやめる」という人はあまりいないため景気に左右されにくいこと、等が挙げられます。

■②くすりが世に出るまで

資料2
新しいくすりが世に出るまでの道のりはスライドの通りなのですが、この研究や試験などの開発には長い年月と莫大な研究費が必要で、平均で9.2年という時間と484億円というお金がかかります。また、基礎研究で作られた化合物が実際にくすりとなって世に出る確率は6,000~30,000分の1程度、という気の遠くなるような確率です。

余談になりますが、最近CMでも見かけるジェネリック医薬品(後発医薬品)は特許が切れた成分で作られたくすりです。くすりの特許期間は20年ありますが、基礎研究段階で特許を取得しますので、くすりとして世に出てきたときには既に10年近く経過しています。特許が切れるとジェネリック医薬品のシェアが急増し先発医薬品の売上が激減するため、残りの約10年でどれだけ売れるかに先発医薬品メーカーの命運がかかっています。

■③有害事象と副作用、似ているけれど違います

資料3
「副作用」という言葉はよく耳にすると思いますが、その定義をご存じでしょうか。よく似た言葉に「有害事象」があります。
有害事象はくすりを服用した後に起こるあらゆる好ましくない事象のことを指し、副作用はくすりとの因果関係が否定できない有害事象のことを指します。たとえば、副作用に「めまい」があるくすりを飲んだ後に階段でめまいがして転んで骨折した場合、骨折は有害事象、めまいが副作用になります。そのくすりにはめまいを起こす力はありますが、直接骨を折る力はないからです。

ただ、実際は起こった現象(この場合はめまい)の原因がそのくすりの副作用であると特定するのは難しいこともあります(めまいを起こす他のくすりも同時に服用していてどちらのくすりが原因かわからない、もともとの病気の症状にめまいがあって病気の症状なのか副作用なのか分からない、など)。そのため、くすりの副作用は「因果関係がある」ではなく「因果関係が否定できない」という表現になります。

■④くすりは正しく怖がろう

資料4
くすりの副作用がメディアで大きく報道されることがありますが、正確な情報が中立な立場で報道されているかというと、残念ながら必ずしもそうとは言えません。特にワクチンの副反応(ワクチンの場合は副作用ではなく副反応といいます)は過去何度も騒がれてきましたが、報道の多くは「投与したことによるリスク」でした。
死亡例をきっかけとして社会問題となったワクチンの投与が避けられた結果、罹患者・死亡者が増えた例が過去にありますが(百日ぜき)、そのような「投与しないリスク」についてはあまり報道されない印象があります。

副作用が報道されたくすりには漠然とした「副作用が怖い」というイメージがついてしまいがちですが、くすりには必ず副作用があります。リスク(副作用)を上回るメリット(効果)があるかどうか冷静に考えてから、投与するかしないかを判断していくことが求められます。

■研修を終えて

HYBRIDEはいくつかの業界に強みを持っており、その中でも最も得意とする業界が医療・製薬のヘルスケアに関わる業界です。

コンサルタントとしてクライアント企業の問題解決に真摯に取り組む上で、クライアント企業やその業界のこと、特にこうした独特の法律や商習慣のある業界全般的なことを知っておくことは欠かせないことです。こうした知識を活かしてこそ解決できる問題も少なくありません。

HYBRIDEはそうした知識・経験を持っているメンバーも多く、そのシェアを目的とした勉強会を活発に行ってい、メンバー全体のレベルアップを続けています。より多くのサービスを提供できるように、コンサルタントとして最適なソリューションやサービスの提供をできるように、これからも日々精進を続けていきたいと思います。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】

こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
HYBRIDEをより知っていただくために、社内の制度などについてをご紹介します。
今回は、先輩社員も学生も必見!HYBRIDEの若手社員・新人社員への教育体制についてご紹介します。

■HYBRIDEでの若手教育のポイント

資料1
毎年4月になると、真新しいスーツで期待と不安をたくさん抱えた新入社員を見かけるようになります。それと同時に、どんな人が入社してくるのだろう、一緒に頑張っていこうという期待や希望の半面、これからしっかりと教育をしていかなければという不安や悩みを抱えた先輩社員がたくさんいます。

新卒社員に限った話ではありませんが、会社の成長、ひいては日本の社会全体のために若手の教育は重要であり、多くの先輩たちが奮闘している課題です。

そんな若手の教育についてHYBRIDEは以下の2点をポイントに、個々人に合わせたより実践的な教育を行っています。
①個々人のキャリアの方向性とマッチング
②さまざまな得意分野を持つ先輩社員による、実践的、かつ、多面的なサポート
今回はHYBRIDEの若手社員への教育制度について、2つのポイントについてご紹介していきます。
資料2
まずは一つ目の「個々人のキャリアの方向性とマッチング」についてお話しします。図をご覧ください。

これは、今年の4月に入社した新人社員のケースなのですが、AさんとBさんとで共通的な教育内容と異なる教育内容があります。
まず、Aさん、Bさん共通しているのは、コンサルタントとしての心構え、ロジカルシンキング研修、コミュニケーション研修など、社会人として、コンサルタントとして基本となる、最も重要な要素についてです。こういった内容はどのメンバーであっても、学ぶ必要があります。

一方でそれぞれで異なる教育内容についてですが、Aさんは学生時代にも統計解析的な事を学び研究しており、データ分析コンサルタントになる事を目指しています。
Bさんは、ITシステムを駆使して、問題解決をしていきたいと想いを強く持ち、ITコンサルタントを目指しています。
こうした背景からデータ分析関連、システム関連それぞれについてより実践的で専門的な教育を行っています。

HYBRIDEでは、画一的な研修というものに価値をおいておりません。
個々人のメンバーに向き合い、そのキャリアの方向性とマッチングさせた教育内容や学びの場を提供していく事が、本人にとっても、組織にとっても、クライアントにとっても、最も良い事だと考えています。
次に、「さまざまな得意分野を持つ先輩社員による、実践的、かつ、多面的なサポート」についてお話しします。

一般的な企業では、新卒の方と先輩が1年間ペアになって仕事をしていくケースなどが多いですが、結果として、相性が悪く、期待した成果が得られなかったり、ストレスがたまってしまうなどのケースが見受けられます。また、先輩Aさんは、●●と教えてくれ、先輩Bさんは、■■と教えてくれるなど 指導方法が異なり混乱してしまうなどということは、よくある事だと思います。

こうした方法で得られる成果にはムラがあるにも関わらず、通常の企業は、なぜ1人の新人につく先輩の人数は1~2人なのでしょうか?それが、企業にとって、最も簡単で面倒でないからです。まさに企業の論理です。企業側の観点から考えるとその方法もありかもしれません。しかし、新卒社員の立場からみると、どの先輩と一緒にやるか、その相性次第で成長の速度やモチベーションも変わってきてしまうのに。入社してすぐに社会人人生をかけた「運試し」をされられているようなものだと思います。
人生の重要なスタート時期を「運」に任せる。行き当たりばったりで、無責任な教育体制にも見えてしまうこの体制が、いまだ多くの企業で採用されている教育体制なのです。

一方HYBRIDEでは、「1人の新人につく先輩の人数は1~2人くらい」などの決まりや暗黙のルールのようなものを一切排除しています。ですので1人の新人につく先輩の人数は5人の時もあれば、1人の時もあります。時期などによっても変わることもあります。

HYBRIDEには、優しい先輩もいれば、厳しい先輩もいます。冗談が大好きな先輩もいれば、職人気質の先輩もいます。
そして皆、様々な専門分野、得意分野を持って、そのスキルと経験を活かし日々活躍しています。そういった色々な先輩が現在の状況や志望しているキャリアの方向性、時期などの様々な要素に合わせて、実践的、かつ、多面的にサポートしています。

HYBRIDEがこうした方針を採用しているのは、コンサルタント個々人の能力をいかに効率的に伸ばすかを主眼においているからです。企業視点ではなく新卒社員視点で考え、サポート体制を用意し、より早い段階で戦力として活躍できるようにすることが、本人のためになり、HYBRIDEのためになり、クライアントのためになるのです。

来年の4月にも多くの学生が社会人としてのスタートを切りますが、HYBRIDEでは引き続き個々人に合わせた柔軟で実践的・多面的な教育体制で、そのスタートダッシュをサポートし、クライアント、ひいては日本の社会全体へ貢献していきたいと思います。


HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEの社内制度のご紹介【賞与制度】


こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
HYBRIDEをより知っていただくために、社内の制度などについてをご紹介していきたいと思います。
その中でも今回は、誰もが気になる賞与制度についてご紹介します。

■賞与制度でよくある不満

全てのビジネスパーソンに共通する最大の関心毎の一つに賞与があります。
賞与は単に所得としての存在にとどまらず、モチベーションや達成感など、様々な感情にも作用するとても重大な制度です。
そんな賞与について、皆さんはご自身の会社の賞与制度に納得されていますか?

私たちのクライアント企業のお客様であったり、知り合いの会社の方から、下記のようなご不満を伺うケースがあります。
 ・個人のパフォーマンスに関係なく、上司に好かれている人が、賞与でも得をするようになっている
 ・賞与の評価が上長によって異なりすぎる
 ・どういった事を頑張れば賞与が良くなるのかが不明確

HYBRIDEの賞与の仕組みは、非常にシンプルかつ明快です。
今回はHYBRIDEの賞与制度についてご紹介したいと思います。

■HYBRIDEの賞与の仕組み

資料2
賞与算定のための評価基準はわかりにくいことが多いですが、HYBRIDEは下記の2つの指標で評価、決定します。
・所属組織の利益目標達成率
・個人のパフォーマンス(主にクライアントから頂いたフィー、組織運営業務での貢献)

どちらの指標も、比較的定量的に測れるもののため、好き嫌いなどの感情的なの要素は、まず入り込む余地がありません。
また、個人のパフォーマンスと組織の利益目標の2つの指標を持っているため、個人として頑張るだけでなく、組織としてのチームプレーが必要となります。

こうした評価基準を持つため、HYBRIDEでは賞与制度に対しての不満がないことはもちろんのこと、個人で頑張るだけではなく、組織の利益を最大化する為に積極的に助け合いをする文化が根付いています。

■過去3年間のHYBRIDEの組織の利益目標達成率

HYBRIDEでは、こうした賞与制度の結果として高いパフォーマンスを維持することに成功しています。
実際のパフォーマンスの結果をお見せするわけにいかないのが残念ですが、たとえば直近の3年間では、平均で150%を超えるほどの達成率を実現しています。

こうしたパフォーマンスが維持できるのは、HYBRIDEのメンバー各々がクライアントの為に日々懸命に頑張っている成果であると共に、メンバー間の助け合いによる組織力によるものだと思います。今後も、クライアントのために、組織のメンバーと相互に補完しあいながら、精進していきたいと思っています。

今回は賞与制度についてご紹介しましたが、HYBRIDEの他の制度など、社内の仕組みについて、今後順次ご紹介していきたいと思いますので、その際にはぜひご覧ください!

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDE内にて金融業界についての研修を開催!

こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
先日、社内で金融業界についての研修を開催しました。講師は、長く金融業界の仕事をされているスペシャリストで、現在もHYBRIDEで金融業界の案件を中心に活躍されているAさん。
今回はその研修の概要を、講師を務めたAさんからご紹介いたします。

①金融とは?どんな金融機関がある?

資料1
HYBRIDEは、クライアントに対して価値のあるコンサルティングを提供するために「データ分析」「業務改善」「プロジェクト推進」という3つの強みを柱にビジネスを展開しています。このうちの「業務改善」をするためには、当然、顧客の業界に精通していなければなりません。今回は様々な業界の中でも「金融業界」にスポットを当て、金融業界になじみのないメンバー向けに研修を実施しました。

金融とは、「お金を融通すること」です。一口に金融といっても金融業務を遂行している機関は分類していくと図のように様々です。
まず、金融業務を遂行している機関の中でも図の★印で示した普通銀行、信託銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社、ノンバンク(クレジットカード)の概要を解説しました。

②金融業界で起こった出来事

金融業界ではテレビのニュースで取り上げられるような大きな事件が起こり続けています。今回の研修では、バブル経済崩壊後の失われた10年、リーマンショック、マイナス金利について解説しました。図はリーマンショックに関するスライドです。

アメリカではITバブル崩壊後、景気後退を懸念して政府が金利を引き下げました。それに伴い住宅価格が高騰し、住宅を購入するための原資としてサブプライムローンが世界中の投資家へ売られました。しかし、アメリカ政府が住宅バブルを懸念して金利を引き下げた途端に、住宅価格が暴落し、サブプライムローンを含んだ金融商品が次々と不良債権となりました。そして、このサブプライムローン商品を多く扱っていたリーマンブラザーズが経営破綻しました。

150年以上も続いた歴史ある金融機関の破綻は、世界を巻き込む金融危機の始まりでした。

③そして、FinTech!

最後に、今話題の金融ワード「FinTech」について解説しました。
FinTechとは、Finance(金融)とTechnology(技術)を掛け合わせた造語で、情報技術(IT)を駆使して新しい金融サービスを生み出したり、既存の金融サービスを見直したりする動き、あるいはその事業をする企業のことです。身近なもので、スマートフォンを用いて現金を使わずに決済をしたり、アプリで家計簿を使うサービスがあります。また、近年、今までは人手で2週間かかっていた銀行の融資審査を、人工知能を用いて僅か数分で完了するサービスが注目を集めています。

FinTechの解説後、参加者全員で、弊社がFinTech事業に参入するにはどうすればいいか議論しました。当日は他事業部からも参加された方がおり、色んな意見が聞けて講師自身が逆に刺激を受けることのできる研修となりました。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEメンバーアンケート

こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
私たちはこれまで、HYBRIDEにはどんなメンバーがいて、どんなことをしていて、どんな雰囲気なのかなど、ビジネス以外の面も広くご紹介してきました。
今回はそうした「ビジネス以外の面」にフォーカスし、どんな人がいるのかより客観的に見て頂くために、メンバーにアンケートを実施し、その結果をご紹介したいと思います!

Q1.文系、理系どちらですか?

資料1
普段意識していなかったので驚いたのですが、(HYBRIDEの採用は文理不問です)ほぼ半々で、綺麗に文系理系が割れました。

文理の違いによらず、各々の個性や得意分野で勝負でき活躍できる環境ということですね!

Q2.通勤にかかる、片道の所要時間を教えてください。

資料2
半数以上のメンバーが、通勤に1時間以上かかるようです。
首都圏のビジネスパーソンの平均的な通勤時間がだいたい1時間ぐらいという調査結果もありますので、平均的なのかもしれませんね。

アンケートの選択肢には、2時間以上なんてものもあったのですが、さすがに通勤に2時間以上かかるメンバーはいなくて、少し安心しました。それにしても…30分以内はうらやましい…

Q3.主な休日の過ごし方を教えてください。(複数回答)

資料3
自宅ですごす時は、映画や音楽を鑑賞したり、ゲームをしたり、料理をしたりなど、のんびりと好きなことに時間を使っているようです。

外出してすごす時は、ショッピングやスポーツ、あるいは外食や飲み会に参加などをすることが多いようです。温泉めぐりや美術館・水族館めぐり、オーケストラなどの音楽活動をしに出かける方もいて、自宅でも外出先でも、休日を満喫しています。

中にはコーヒーを飲んで煙草を吸うという人や、二日酔いという方もいて…まさか一日中ずっとということはないと思いますが…心配です!

一方で、お子さんと遊んだりするなど、家族との時間を大切にしていてる方も多かったです。素敵な家庭ですね!

Q4.自由に使えるお金(おこづかい)は、主にどんなことに使いますか?(複数回答)

資料4
表では、上位の回答3つを挙げています。

美味しいものを食べたり、美味しいお酒を飲んだり、洋服などのファッションに使ったりしているので、つまり、HYBRIDEのメンバーは、グルメで、おしゃれということです!

それ以外では、皆さん趣味にお金を使っていて、仕事だけではなく好きなことをする自分の時間を大事にしていることが良くわかります。

一部で「貯金」と回答しているメンバーがいました。ごくごく個人的に、今度じっくりお話しを伺い、教えを乞いたいと思います!

Q5.外食する際にはどんなお店に行くことが多いですか?(複数回答)

資料5
表では、上位の回答5つを挙げています。

日本料理や居酒屋などの和食系のお店がとても多いですが、洋食やイタリアン、中華料理なども人気です。

今回のアンケートの選択肢には料理のジャンルだけを挙げていたのですが、その他のところに「焼肉」と書いた方が複数いたのは驚きました。焼肉は大人気なのですね!
今度のHYBRIDEの飲み会ではぜひ焼肉を食べに行きましょう!

Q6-1.お酒は好きですか?

資料6-1
全体的にはお酒が好きな人が多いですが、得意でない、体質的に飲めないという人もいました。

HYBRIDEは飲み会などの参加も非常に自由ですし、もちろん自分のペースで料理やお酒を愉しめる環境です。

あまりお酒が好きでない方でも心配ないですし、プライベートを犠牲にする必要ももちろんありません!

Q6-2.【お酒を「好きで良く飲む」「好きだけどあまり飲まない」とお答えになった方へ】
どんなお酒が好きですか?(複数回答)

資料6-2
表では、上位の回答5つを挙げています。

外食時に和食系のお店をチョイスされる方が多いので、やはり和食には日本酒!ということで日本酒が人気でした。

また、ビールやウイスキー(ハイボールで飲む方が多いのでしょうか)などの、どんな料理とも一緒に愉しめるものも人気でした。イタリアンや洋食の人気もあって、ワインが好きな人も多いですね!

Q7.あなたの好きな「映画」「音楽」「本」「スポーツ」教えてください。(複数回答)

資料7
表では、好きな「スポーツ」の上位の回答5つを挙げています。

圧倒的に球技が人気です。その中でも野球とサッカーは日本でもとてもメジャーなスポーツで、TVなどでも良く放送されているので、やはりファンは多いですね。
メンタルスポーツ?ということで、ダーツやビリヤードなどの回答もありました。
「映画」「音楽」「本」は、集計ができないほどに見事にバラバラでした!
「映画」はごく一部の人気シリーズで複数回答がありましたが、そもそも映画をあまり見ない方、メジャー/マイナー、洋画/邦画入り混じって、まさに十人十色といった感じでした。

「音楽」については、J-POPや洋楽、ロック、ハードロック、ジャズ、ブルース、R&B、ハウス、クラシックなどなど、見事にバラバラでした!
これからHYBRIDEに入社される方は、好みの音楽が同じ人が、必ず1人はいると思っていただいて大丈夫でしょう!

「本」は小説、特に推理小説などが好きな方が散見される以外はこちらもバラバラで、皆さんいろいろなものを読んでいます。

本当にいろんな個性、いろんな趣味の方がそろってます!

今回は「ビジネス以外の面」にフォーカスして皆さまにご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?私自身いちメンバーとしてHYBRIDEで活動していますが、ここまでいろんな個性、いろんな趣味の方がそろっているとは思いませんでした。
これからも皆さんにHYBRIDEのいろんな面をご紹介していきますので、よろしくお願いします!

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/
ギャラリー
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【賞与制度】
  • 公用文ルールを文書標準に生かそう!第3回
  • HYBRIDE内にて金融業界についての研修を開催!