大洋システムテクノロジー HYBRIDE(ハイブライド)のblog

㈱大洋システムテクノロジーのコンサルティング部隊HYBRIDE(ハイブライド)によるブログです。 各種ソリューション(データ分析、BPR、PMO、システム関連など)や社員紹介、各種イベントなどの内容をご紹介します。

スキルアップ

HYBRIDEの仕組み紹介:組織運営業務

■組織運営業務

資料1
HYBRIDEでは、コンサルタントの成長を加速させるために、組織運営業務への参画を積極的に推し進めております。
個々のプロジェクトを遂行するのは、もちろんの事、手を挙げた方には、組織運営のリーダーなどにもチャレンジして頂いております。
組織運営業務とは、主たるものとして、下記のものがあります。
  • Education(教育)
  • Maketing(マーケティング)
  • Recruting(採用)
  • Events(イベント)

■なぜ組織業務がコンサルタントのバリューを向上させるのか?

資料2
今回は、【組織運営業務がなぜコンサルタントのバリューを向上させるのか?】 について、述べたいと思います。

まずは、コンサルタントがプロジェクトの中で成長するという考え方は、異論の余地はありませんし、HYBRIDEでも最も重視しております。
ただ、ここでクライアント目線に切り替えたならば、別の見方ができるかと思います。

例えば、クライアントの営業部隊にCRMシステムを導入するといったプロジェクトがあったとします。
そのプロジェクトのクライアント側のオーナーは、営業本部長のAさんです。
当然、営業本部長のAさんは、プロジェクトの成功を目指していますし、その協力もしてくれると思います。
ただ、営業本部長のAさんは、日々の業務として、そのプロジェクトだけを遂行してる訳ではありません。
重要顧客の営業プレゼンに同行したり、営業マンの提案力向上のためにロールプレイングに付き合ったり、採用活動などに日々、奮闘されております。
こうなってくると、営業本部長のAさんは、実はCRMシステム導入だけでなく、いかに営業力を向上させるか?いかに営業人員を増員させるか?といった実業の部分に悩みを抱えてらっしゃる事が多いのです。
このような悩みは、プロジェクト推進しているだけのコンサルタントでは、なかなか共感できないものです。

しかし、HYBRIDEで組織運営業務を推進しているコンサルタントは自らの経験を生かし、高いレベルで営業本部長の方の悩みに共感でき、より高い信頼関係を構築する事が可能です。

■プロジェクト推進だけのコンサルタントが、陥る罠とは?

資料3
次に、プロジェクト推進だけのコンサルタントが、陥る罠について、お話ししたいと思います。

プロジェクト推進の経験の豊富なコンサルタントは、当然、プロジェクトマネジメントが得意です。
そのプロジェクトマネジメントが得意なはずのコンサルタントが営業強化改革の推進や組織増強改革の推進を実行しようとした時に、うまくいかない事が多々あります。
クライアントの実情を把握しきれていないといった点や最終的な意思決定権を持っていないというような理由も考えられますが、そのあたりの条件をクリアしたとしても、決定的に、不足しているものがあるのです。

それは、“タイムマネジメント力”です。

コンサルティングプロジェクトやシステム導入プロジェクトと営業強化や組織増強などの実務的な改革では、タイムマネジメントの考え方が決定的に異なるのです。
コンサルティングプロジェクトやシステム導入プロジェクトでは、納期に対して、リソースを投入するれば、解決できるものが多いですが、例えば、期末までに営業受注を●件受注するといった目標や期末までに●●についての営業スキルを保有しているメンバーを●名にするといった目標は、リソースだけでどうこうなる話ではありません。

つまり、目標期日までに完了させるという事の考え方が、決定的に異なるのです。

HYBRIDEとしては、所属しているコンサルタントにより市場価値の高いコンサルタントになってもらいたいので、組織運営業務も教育の一環として積極的に進めており、かつ、上記のような事も理解した上で、PMO業務に関わる事を推奨しています。

次回以降は、各組織運営業務について、ご紹介していきます。


HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEメンバーの紹介⑤

こんにちは。HYBRIDE採用チームです。

今回紹介するのは、男性のIさんです。
新卒で入社し、中国語の語学力を活かした中国向けビジネスなどにも参画した経験を持ち、また現在はデータ分析の案件を中心に活躍しています。今までの経験やHYBRIDEの印象、これまでにあった出来事など、その豊富な経験からいろいろなことを語ってもらいました。

画像の説明
【私の愛用品】
4年前に買ってからずっと使っている定期入れです。自由が丘の雑貨屋で定期入れ本体を買い、ストラップはハンズで買いました。少しくたびれてはきましたが、気に入っているのでずっと使っています。

■HYBRIDEはどんな雰囲気ですか?

上下関係が良い意味で少ない組織です。メンバークラスの意見も組織全体の取り組みに反映されやすい、風通しのよい職場です。昔は、メンバーが客先に常駐していたりするため、横の繋がりが薄く、誰が何をやっているのか分からなくなるということもありましたが、現在は事業部会や事業部通信、メンバー同士で連携して採用活動やマーケティング活動への取り組んだり、業務外でもBBQや各種イベント等を行っていて、そういったことを通して横の繋がりも強くなってきたように思います。

■今までHYBRIDEに在籍していた中であった、面白いエピソードを教えてください。

昨年、介護系の案件に関連して、中国で行われた介護の展示会へ出展した時の話ですが、以前に中国に訪れた時よりもとても発展していて、また、物価もかなり上昇していました。
商根すばらしい中国人ともこれから戦っていかなければと、少々不安になりながらも、時代の変化は、早いものだと実感し、流れに乗り遅れないように日々精進せねばと思いました。そんな中の展示会場内での凄まじい売り込みの中で、なぜか車の展示会にいるようなキャンペーンガールがいました。国内の展示会ではなかなか考えられない状況に、文化の違いの面白さを感じました。

■(これから入社してくる人向けに)HYBRIDEにはどんな人がマッチすると思いますか?

プロジェクトにアサインしている間は、比較的波はあるものの業務量が結構多めで忙しいこともあります。ですが、アサインしていないプロジェクトの間の時期には長期で休みを取ることも可能です。
オンオフ両方しっかり充実させたい!という方にHYBRIDEは向いていると思います。

■これからHYBRIDEでやっていきたい、やってみたいことなどはありますか?

コンサルタントとしてのスキルアップをしたいというのはもちろんありますが、個人的には、今までやってきたBtoBの仕事だけではなく、BtoCの仕事もはじめられたいいなと思っています。
趣味の料理を仕事に活かして、カレー屋やラーメン屋等の飲食店開業や、海外へ雑貨を買い付けに行って日本で小売業をやるとか、やりたいことはいっぱいあります。
いずれにしても、今会社にある既存のビジネスに囚われることなく、ビジネスとしてしっかり成り立ちそうな事をやっていけたらいいなと思います。

■休日はどんな過ごし方(趣味とか含め)をしていますか?

ディズニーランドやUSJなどのテーマパークへ遊びに行くのが好きです。
何も予定が無い時は、家でごろごろテレビを見るか漫画を読んでいます。最近、漫画全巻セットの購入にはまっており、本をしまうスペースがなく本棚を買おうか悩んでいます。
でも、本棚を置くスペースもあまりないので、引越も検討してます。
あとは、釣りに行ったり、友人と飲みにいったりゴルフをしたりテニスをしたりと、日頃の運動不足解消のためにスポーツをやったりします。

■入社してから、どのような仕事をしていますか?その中で感じたやりがいや、成長を感じたエピソードはありますか?

入社してから、ERPや人材派遣の営業を経て、HYBRIDEで仕事をすることになりました。
コンサルタントとしての最初の仕事は、ある製造会社の物流部門のコスト削減プロジェクトでした。コストがなぜ高いか、どこを削減したらインパクトが大きいのかデータを分析する業務を始めて行いました。お客様から「こんな視点があったのか!?始めてこんなの見たよ!」とお褒めの言葉を頂けて、仕事のやりがいを感じ、仕事って面白いなと思う切っ掛けになるプロジェクトでした。その後もいろいろな経験を積み、現在では医薬品のマーケティングに関わるデータ分析業務を行っています。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEメンバーの紹介④

こんにちは。HYBRIDE採用チームです。

今回紹介するのは、男性のTさんです。

新卒で入社してから、HYBRIDEのメンバーとしてとても多くの経験をしています。今までの経験やHYBRIDEの印象、これまでにあった出来事など、ずっとメンバーとして活躍してきた人としての視点でいろいろなことを語ってもらいました。

愛用の水筒
【私の愛用品】
仕事に毎日持っていく愛用の水筒です。
中身には決まって妻の入れた麦茶を入れていきます。
私は健康のためにいつもお弁当を持参するのですが、お弁当にはやっぱり麦茶が一番合います。
お弁当と一緒に麦茶を飲むと、忙しい時でもしっかり気持ちに一区切りつけることができる気がします。

■HYBRIDEはどんな雰囲気ですか?

現在の自分に自信を持っている一方で、足りていないところを冷静に判断して、今後伸ばしたいスキルに対して貪欲に知識を吸収し、スキルアップしていく人の集まり、自分のビジョンを明確に持った人たちの集まりだと感じます。
HYBRIDEメンバーの経歴は本当に多様なんですが、目的意識を持ってそこに向けてステップアップしていく意識という点で共通していると思います。
そうした土壌があるからか、組織としての上下はあるのですが、組織運営やナレッジシェア・スキルアップのための勉強などでは上下がなく、気軽に聞いたり意見したりできる環境です。

■今までHYBRIDEに在籍していた中であった、面白いエピソードを教えてください。

これまで多くの案件にかかわってきた中で様々なクライアントと一緒に仕事をさせていただきましたが、過去にお世話になった方やその関係者と、別の案件で一緒になるケースが意外と多いと感じています。特に、以前上長として一緒に働いていた方のご兄弟と一緒に仕事をさせていただいたことは、ご縁を感じずにはいられない、めったにできない面白い経験だなと思っています。
こうしたケースはさすがになかなかないことですが、過去に出会った方と再会するケースは多いので、新しい案件で仕事をするときは、自身の経験値・スキルを磨くことができる期待と同じくらい、その再会を期待し楽しみにしています。

■(これから入社してくる人向けに)HYBRIDEにはどんな人がマッチすると思いますか?

HYBRIDEの雰囲気そのものでもあるのですが、組織のしがらみに縛られることなく、自分の描いたビジョンをしっかりと持って、その達成に向けて努力していける方です。
そういう意味では、どんな内容であってもよいので、これから何をしていきたいかをしっかり自身の言葉で語ることができるというのはとても大事で、面接などを担当させていただくときには、その点を重視して臨んでいます。
実際に入社される際には、そのやりたいことを是非一緒にやっていきましょうと手を取り合っていくつもりでお迎えしています。
そして何より一番大切なのは、クライアントや一緒に仕事をするメンバーのために一生懸命になれる方であることです。そういった要素を持っている方であれば、今いるメンバー同様お互いをサポートし合い、高め合うことができる、その一員になれるはずです。

■これからHYBRIDEでやっていきたい、やってみたいことなどはありますか?

私たちの仕事は、様々なスキルが求められます。それも、高度な次元の知識やスキルをしっかり自分のものとして使えるレベルである必要があります。
そうした背景があるので、社内でナレッジシェアや各種勉強会を開いたりしていて、皆スキルや知識の面においては高い次元にあると思っています。
一方で誰がどんなプロジェクトでどんなところにつまずいて、どんな苦労をして、どう解決したかという、もっと具体的なレベルの事例共有はまだまだ足りていない部分があると思っているので、そういった機会や枠組みを作っていきたいなと思っています。

■休日はどんな過ごし方(趣味とか含め)をしていますか?

休日に古くからの友人と交流の場を持つことがあって、そうした場はとても大切にしているので、疲れている時でも平日忙しかった時でも、できる限り積極的に時間を作ります。
それ以外の休日は趣味に時間をかけるというより、家族と過ごす時間にあてることが多いです。
私自身趣味に時間をかけることがあまりないのですが、妻はとても多趣味なので、妻の趣味に付き合って一緒にいろんなことをしています。
おかげで「やることがない一日」という日はほとんどないので、退屈することなく楽しく過ごせています。

■入社してから、どのような仕事をしていますか?その中で感じたやりがいや、成長を感じたエピソードはありますか?

業界では、製造業、製薬、官公庁等を対象に仕事をさせていただき、プロジェクト内容としては、PMO、BPR、システム開発の標準化を行いました。こうして振り返ってみると、本当にいろいろなことを経験することができ、それにより大きく成長できたと感じています。
直近は、製薬系のデータ分析をしていて、プロジェクト参画当初はメンバーの一員だったのですが、徐々にクライアントから仕事を任せて頂けるようになり、現在ではプロジェクトのリーダーをさせて頂いています。それだけでなく、クライアントの若手社員に対してのナレッジトランスファーなど新人教育の一部も任せて頂けるまでになりました。今までやってきたことに対する自身の成長により、クライアントから信頼を得られたことを誇りに思っています。
いろいろなプロジェクトで様々な経験をしてきましたが、共通している点として、必ずと言って良いほど、初めて経験することや思ってもみなかった出来事が起こるということです。
そうした出来事にすんなり対応するために、業界の商習慣やプロジェクトの事例等を事前に綿密にリサーチしたり、経験のある他のメンバーにヒアリングすることで不足している知識を吸収し、イメージを膨らませ、これまでの経験をどう活かすかを考えるのですが、それが結果として自身の成長を早めることに繋がっていると思っています。
コンサルタントとしてクライアントに最適な解法を提供するという大命題に向けて全力を尽くしていくと、その最期には必ず成長を実感することができます。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/
ギャラリー
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【賞与制度】
  • 公用文ルールを文書標準に生かそう!第3回
  • HYBRIDE内にて金融業界についての研修を開催!