大洋システムテクノロジー HYBRIDE(ハイブライド)のblog

㈱大洋システムテクノロジーのコンサルティング部隊HYBRIDE(ハイブライド)によるブログです。 各種ソリューション(データ分析、BPR、PMO、システム関連など)や社員紹介、各種イベントなどの内容をご紹介します。

製薬

HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!

こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
HYBRIDEでは、各コンサルタントの専門領域をお互いに共有する取り組みを推奨しており、今回はその一環として開催した、製薬業界に関する研修についての研修内容についてご紹介します。
今回の研修は導入編の位置づけで、製薬業界の経験がないメンバーを対象に、初歩的な内容を中心としています。

■①製薬は製造業、ですが…

資料1
製薬会社はくすりを製造して販売する製造業ですが、他の製造業と単純にひとくくりにはできません。独特のルールや法律などがある、ちょっと特殊な業界です。

たとえば、自社の商品の定価を決めるのが自社ではなく国であること、自社営業担当(MR)は顧客である医師がいる医療機関を訪問し商品であるくすりの宣伝等を実施しますが、できるのは宣伝だけで「お安くしますので是非」とは言えないこと(価格交渉ができません)、景気が悪いからといって「病院に行くのやめる」という人はあまりいないため景気に左右されにくいこと、等が挙げられます。

■②くすりが世に出るまで

資料2
新しいくすりが世に出るまでの道のりはスライドの通りなのですが、この研究や試験などの開発には長い年月と莫大な研究費が必要で、平均で9.2年という時間と484億円というお金がかかります。また、基礎研究で作られた化合物が実際にくすりとなって世に出る確率は6,000~30,000分の1程度、という気の遠くなるような確率です。

余談になりますが、最近CMでも見かけるジェネリック医薬品(後発医薬品)は特許が切れた成分で作られたくすりです。くすりの特許期間は20年ありますが、基礎研究段階で特許を取得しますので、くすりとして世に出てきたときには既に10年近く経過しています。特許が切れるとジェネリック医薬品のシェアが急増し先発医薬品の売上が激減するため、残りの約10年でどれだけ売れるかに先発医薬品メーカーの命運がかかっています。

■③有害事象と副作用、似ているけれど違います

資料3
「副作用」という言葉はよく耳にすると思いますが、その定義をご存じでしょうか。よく似た言葉に「有害事象」があります。
有害事象はくすりを服用した後に起こるあらゆる好ましくない事象のことを指し、副作用はくすりとの因果関係が否定できない有害事象のことを指します。たとえば、副作用に「めまい」があるくすりを飲んだ後に階段でめまいがして転んで骨折した場合、骨折は有害事象、めまいが副作用になります。そのくすりにはめまいを起こす力はありますが、直接骨を折る力はないからです。

ただ、実際は起こった現象(この場合はめまい)の原因がそのくすりの副作用であると特定するのは難しいこともあります(めまいを起こす他のくすりも同時に服用していてどちらのくすりが原因かわからない、もともとの病気の症状にめまいがあって病気の症状なのか副作用なのか分からない、など)。そのため、くすりの副作用は「因果関係がある」ではなく「因果関係が否定できない」という表現になります。

■④くすりは正しく怖がろう

資料4
くすりの副作用がメディアで大きく報道されることがありますが、正確な情報が中立な立場で報道されているかというと、残念ながら必ずしもそうとは言えません。特にワクチンの副反応(ワクチンの場合は副作用ではなく副反応といいます)は過去何度も騒がれてきましたが、報道の多くは「投与したことによるリスク」でした。
死亡例をきっかけとして社会問題となったワクチンの投与が避けられた結果、罹患者・死亡者が増えた例が過去にありますが(百日ぜき)、そのような「投与しないリスク」についてはあまり報道されない印象があります。

副作用が報道されたくすりには漠然とした「副作用が怖い」というイメージがついてしまいがちですが、くすりには必ず副作用があります。リスク(副作用)を上回るメリット(効果)があるかどうか冷静に考えてから、投与するかしないかを判断していくことが求められます。

■研修を終えて

HYBRIDEはいくつかの業界に強みを持っており、その中でも最も得意とする業界が医療・製薬のヘルスケアに関わる業界です。

コンサルタントとしてクライアント企業の問題解決に真摯に取り組む上で、クライアント企業やその業界のこと、特にこうした独特の法律や商習慣のある業界全般的なことを知っておくことは欠かせないことです。こうした知識を活かしてこそ解決できる問題も少なくありません。

HYBRIDEはそうした知識・経験を持っているメンバーも多く、そのシェアを目的とした勉強会を活発に行ってい、メンバー全体のレベルアップを続けています。より多くのサービスを提供できるように、コンサルタントとして最適なソリューションやサービスの提供をできるように、これからも日々精進を続けていきたいと思います。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEメンバーの紹介⑩

こんにちは。HYBRIDE採用チームです。

今回はHYBRIDEのメンバーを紹介します。今回紹介するのは、女性のYさんです。
前職では製薬業界に勤めていたYさんは、その豊富な業界知識と「データ分析をもっとやってみたい!」という熱い思いで現在大活躍しています。 転職活動時に「これからデータ分析をやってみたい」と思っていたYさんが、どんな思いを持ってHYBRIDEを選び、入社後にどんな経験をし、現在どのように活躍されているのか。その思いなどを語ってもらいました。

画像の説明
【私の愛用品】
コーヒーが飲めないこともあり、よく会社のウォーターサーバーのお湯を使って紅茶を淹れて飲んでいます。特にメーカーにこだわりはなく、いろいろ買って飲み比べることもあります。寝ぼけている朝や疲れてきた夕方などのリフレッシュには最適なのですが、飲みすぎると夜眠れなくなり翌日さらに眠くなるという諸刃の剣でもあり、自分なりの適量を心掛けています。

■ここに入社する前はどんなことをしていましたか?

製薬会社のMR(製薬会社の営業)向け教育研修部署で、研修使用システムの導入~運用、システムのマニュアル作成・インストラクター・受講者からの問い合わせ受付、あらゆる研修の履修履歴集計・管理、MR社内統一テストの実施とデータ分析、社内全MRのMR認定証の管理(MR認定証はMRに必須の業界内資格です)、自社製品・関連疾患の研修講師など色々実施していました。研修部署の前はMRでしたので、営業経験も少しあります。

■転職をしようと思ったきっかけと、その中でHYBRIDEを選んだ理由は?

前社の経営が悪化し、希望退職プログラムが発表され雰囲気もどんどん暗くなっていく中で、この会社にこのままいても自分の明るい未来はないと思い転職を考えました。
そして、ある転職サイトにてHYBRIDEのデータ分析コンサルタント未経験者募集の求人を知り、経験はないけれどやってみたいと思えたことと、転居を伴う転勤がなさそうだったことから応募してみました(子どもを転校させたくなかったため転居の可能性がないところで 探していました) 。
同時に選考が進んでいたところが数社ありましたが業界も職種もバラバラで、正直なところどの職に就こうかかなり迷ったのですが、面接いただいた「将来の上司」の中で一番「この人の下で働きたい!」と思えたHYBRIDEに決めました。

■入社する前のイメージと入社した後で、ギャップはありましたか?それはどのようなことですか?

新しい環境になるので、人間関係含め慣れるまで時間がかかるだろうと覚悟して入社しましたが、先輩方のおかげで比較的すんなりとなじめ、逆に拍子抜けしました。
あとは小さいことかもしれませんが、IT系の仕事をしている会社は、紙の給与明細がないと思っていたのですが、紙の給与明細が自宅に郵送されてくることでしょうか。 何となく捨てられず、ファイルに入れて保管しています。

■入社してよかったな、と感じたエピソードはありますか?

特にエピソードというエピソードはないのですが、純粋に「すごいな」と思える人がすぐ近くにいる環境を得られたことは本当によかったなと思います。
「すごいな」は裏を返せば「私がここにいていいのだろうか」になるのですが、適度なプレッシャーですのでいい感じで成長の糧になっています。

■入社後、どのような仕事をしていますか?その中で感じたやりがいや、成長を感じたエピソードはありますか?

初めはOJTを兼ねて先輩の案件に入り、HYBRIDEのコンサルタントとしてクライアントの要求にどう応えるか?という姿勢を学ばさせていただきました。その後は社内研修用の資材作成や住宅メーカーの物件分析、製薬系の分析に関わっています。

住宅物件分析にて、研修資料を作成するために触っていたTableau(分析ツール)をどうせなら実践でも使用してみようと思い一人使用し始めた時、私はただそのツールを使って様々な分析結果を報告していただけだったのですが、次第にその分析の主流は皆が慣れ親しんでいるExcelではなくTableauになり、いいものを取り入れる速さに驚き、使ったかいがあったと思いました。

Tableauはとっつきやすいのに奥が深いツールで、まずは自分の強力な武器とするために現在勉強中です。 今後はそれを他メンバーに研修実施等で伝えることで、HYBRIDE全体の武器にしていきたいと思っています。

■休日はどんな過ごし方(趣味とか含め)をしていますか?

冬は家族でスキーに出かけますが、基本インドア派のため終日家の敷地から1歩も出ない日もめずらしくありません。
それでも自宅では主婦ですのであまりのんびりはできず、たまった家事をするだけでかなりの時間がつぶれてしまいます…と書くとちゃんとしているように見えるかもしれませんが、昼まで寝ていることが多いのでそもそも動ける時間が短いだけです…(夜もちゃんと寝ています)

■HYBRIDEはどんなところ(雰囲気など)ですか?

普段は個々でその専門性を発揮する個性豊かなスペシャリスト、でもいざという時は集まって団結力を発揮する、という臨機応変な対応ができる人が多いなという印象です。個と和、どちらかに偏重することなくどちらも大切にする、バランスのとれた集団だと思います。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/
ギャラリー
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【賞与制度】
  • 公用文ルールを文書標準に生かそう!第3回
  • HYBRIDE内にて金融業界についての研修を開催!