こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
HYBRIDEをより知っていただくために、社内の制度などについてをご紹介していきたいと思います。
その中でも今回は、誰もが気になる賞与制度についてご紹介します。

■賞与制度でよくある不満

全てのビジネスパーソンに共通する最大の関心毎の一つに賞与があります。
賞与は単に所得としての存在にとどまらず、モチベーションや達成感など、様々な感情にも作用するとても重大な制度です。
そんな賞与について、皆さんはご自身の会社の賞与制度に納得されていますか?

私たちのクライアント企業のお客様であったり、知り合いの会社の方から、下記のようなご不満を伺うケースがあります。
 ・個人のパフォーマンスに関係なく、上司に好かれている人が、賞与でも得をするようになっている
 ・賞与の評価が上長によって異なりすぎる
 ・どういった事を頑張れば賞与が良くなるのかが不明確

HYBRIDEの賞与の仕組みは、非常にシンプルかつ明快です。
今回はHYBRIDEの賞与制度についてご紹介したいと思います。

■HYBRIDEの賞与の仕組み

資料2
賞与算定のための評価基準はわかりにくいことが多いですが、HYBRIDEは下記の2つの指標で評価、決定します。
・所属組織の利益目標達成率
・個人のパフォーマンス(主にクライアントから頂いたフィー、組織運営業務での貢献)

どちらの指標も、比較的定量的に測れるもののため、好き嫌いなどの感情的なの要素は、まず入り込む余地がありません。
また、個人のパフォーマンスと組織の利益目標の2つの指標を持っているため、個人として頑張るだけでなく、組織としてのチームプレーが必要となります。

こうした評価基準を持つため、HYBRIDEでは賞与制度に対しての不満がないことはもちろんのこと、個人で頑張るだけではなく、組織の利益を最大化する為に積極的に助け合いをする文化が根付いています。

■過去3年間のHYBRIDEの組織の利益目標達成率

HYBRIDEでは、こうした賞与制度の結果として高いパフォーマンスを維持することに成功しています。
実際のパフォーマンスの結果をお見せするわけにいかないのが残念ですが、たとえば直近の3年間では、平均で150%を超えるほどの達成率を実現しています。

こうしたパフォーマンスが維持できるのは、HYBRIDEのメンバー各々がクライアントの為に日々懸命に頑張っている成果であると共に、メンバー間の助け合いによる組織力によるものだと思います。今後も、クライアントのために、組織のメンバーと相互に補完しあいながら、精進していきたいと思っています。

今回は賞与制度についてご紹介しましたが、HYBRIDEの他の制度など、社内の仕組みについて、今後順次ご紹介していきたいと思いますので、その際にはぜひご覧ください!