大洋システムテクノロジー HYBRIDE(ハイブライド)のblog

㈱大洋システムテクノロジーのコンサルティング部隊HYBRIDE(ハイブライド)によるブログです。 各種ソリューション(データ分析、BPR、PMO、システム関連など)や社員紹介、各種イベントなどの内容をご紹介します。

金融

HYBRIDE内にて金融業界についての研修を開催!

こんにちは、HYBRIDE採用チームです。
先日、社内で金融業界についての研修を開催しました。講師は、長く金融業界の仕事をされているスペシャリストで、現在もHYBRIDEで金融業界の案件を中心に活躍されているAさん。
今回はその研修の概要を、講師を務めたAさんからご紹介いたします。

①金融とは?どんな金融機関がある?

資料1
HYBRIDEは、クライアントに対して価値のあるコンサルティングを提供するために「データ分析」「業務改善」「プロジェクト推進」という3つの強みを柱にビジネスを展開しています。このうちの「業務改善」をするためには、当然、顧客の業界に精通していなければなりません。今回は様々な業界の中でも「金融業界」にスポットを当て、金融業界になじみのないメンバー向けに研修を実施しました。

金融とは、「お金を融通すること」です。一口に金融といっても金融業務を遂行している機関は分類していくと図のように様々です。
まず、金融業務を遂行している機関の中でも図の★印で示した普通銀行、信託銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社、ノンバンク(クレジットカード)の概要を解説しました。

②金融業界で起こった出来事

金融業界ではテレビのニュースで取り上げられるような大きな事件が起こり続けています。今回の研修では、バブル経済崩壊後の失われた10年、リーマンショック、マイナス金利について解説しました。図はリーマンショックに関するスライドです。

アメリカではITバブル崩壊後、景気後退を懸念して政府が金利を引き下げました。それに伴い住宅価格が高騰し、住宅を購入するための原資としてサブプライムローンが世界中の投資家へ売られました。しかし、アメリカ政府が住宅バブルを懸念して金利を引き下げた途端に、住宅価格が暴落し、サブプライムローンを含んだ金融商品が次々と不良債権となりました。そして、このサブプライムローン商品を多く扱っていたリーマンブラザーズが経営破綻しました。

150年以上も続いた歴史ある金融機関の破綻は、世界を巻き込む金融危機の始まりでした。

③そして、FinTech!

最後に、今話題の金融ワード「FinTech」について解説しました。
FinTechとは、Finance(金融)とTechnology(技術)を掛け合わせた造語で、情報技術(IT)を駆使して新しい金融サービスを生み出したり、既存の金融サービスを見直したりする動き、あるいはその事業をする企業のことです。身近なもので、スマートフォンを用いて現金を使わずに決済をしたり、アプリで家計簿を使うサービスがあります。また、近年、今までは人手で2週間かかっていた銀行の融資審査を、人工知能を用いて僅か数分で完了するサービスが注目を集めています。

FinTechの解説後、参加者全員で、弊社がFinTech事業に参入するにはどうすればいいか議論しました。当日は他事業部からも参加された方がおり、色んな意見が聞けて講師自身が逆に刺激を受けることのできる研修となりました。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEメンバーの紹介⑦

こんにちは。HYBRIDE採用チームです。

今回紹介するのは、男性のYさんです。
前職では金融系SEとして活躍されていて、HYBRIDEに入社されてからは、それまでの経験を活かしつつも、今までと異なった領域の仕事にもチャレンジされているYさん。
長い間HYBRIDEで活躍される中で培われた、コンサルタントとして大切にしている考え方や、新しい仕事にチャレンジした際のエピソードなどを語ってもらいました。

画像の説明
【私の愛用品】
かつて金融案件で使っていた16桁電卓。「1,000兆」の桁なんて必要あるの?と思われるかもしれませんが、金融案件ではこれくらいの桁数が必須なのです。
金融案件から離れて何年も経ちますが、今でも使っています。表計算ソフトやPCの「電卓」を立ち上げる間も惜しく、ささっと計算したい場面では重宝します。

■ここに入社する前はどんなことをしていましたか?

独立系システムインテグレータで金融系のSEをしていました。金融系といっても、証券案件を2年ほど担当した以外、キャリアのほとんどの期間で信託銀行案件を担当していました。1つのプロジェクトにつき平均3年程度かける大型案件に次々と携わらせてもらい、その中で最大15名ほどのチームマネジメントを経験しました。狭い分野に深く関わっていく働き方をしていました。

■入社してよかったな、と感じたエピソードはありますか?

入社して最初に担当したのが「内部統制」案件でした。2008年度から適用された「日本版SOX法」関連の案件が一時期盛んでしたが、私が2007年から担当したのは、これに先がけて適用された「米国SOX法」関連の案件で、当時国内にはほとんど経験者がいない状況で経験を積むことができました。未経験の業務への挑戦や、エンドユーザーと直接会話できる環境に身を置かせてもらったのは大変新鮮で、入社してよかったと心から感じました。入社後にリーマンショックがあり、それ以降顧客の要求が一層厳しくなっていて、全般的に「即戦力」が求められる傾向にあるので、未経験の領域に挑戦できたという意味でも幸運だったと思います。

■コンサルタントとして大事にしている考え方は、どのようなものですか?

とても単純なことですが、「顧客の仕事を前に進めるためにはどうすればよいか」を常に意識することだと思います。
顧客の相談や要望に対して「それは現実的でないのではないですか?」「方向性が間違っていませんか?」「優先順位が違うのでは?」などと、問い返すことも多いのですが、顧客の相談や要望には顧客の「想い」が込められています。その想いに対して、どうすれば現実的に進められるか、どうすれば方向性を間違えずに進められるか、どうすれば優先順位との折り合いがつけられるか。前に進むための提案を必ずしなければならないと思っています。

■入社後、どのような仕事をしていますか?その中で感じたやりがいや、成長を感じたエピソードはありますか?

金融関係で「内部統制」案件に3年半近く関わった後は、官公庁案件に5年以上携わっています。内部統制もそうでしたが、官公庁案件というのも全く未経験の世界でした。文書の書き方一つ取っても独特のルールがありますし、仕事の進め方、特にステークホルダーマネジメントには民間案件とは違った難しさがあります。
しかし、未経験の分野に挑戦できるというのは、長年に渡って狭い業務にしか携わることができなかった私にとっては新鮮でやりがいもありましたし、新たに知識を広げながら同時に目の前の仕事もこなしていく経験は、今後どんな分野の仕事をするにせよ対応できる自信にもつながり、大いに自分にプラスになったと思っています。

■休日はどんな過ごし方(趣味とか含め)をしていますか?

平日は仕事に集中する一方、休日は仕事を忘れ、シーズン中であればプロ野球観戦をします。横浜ベイスターズのファンなのですが、とにかく野球が好きなので、時間があればどのチームの試合でも観ます。球場に行っての生観戦ももちろん好きですが、選手の表情が見えるテレビ観戦も好きです。野球は「間」が多いスポーツですが、選手の表情を見ながら自分がプレーしている気持ちになって観ていると、プレーの合間の時間帯も飽きることはありません。だから録画中継など、試合の結果がわかっていても(ベイスターズが負けた試合でも)よく観ます。球場では、やはり横浜スタジアムが一番です。ドーム球場では決して味わえない解放感がありますし、風向きによっては潮の香まで感じられる港町の雰囲気が最高です。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/
ギャラリー
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【賞与制度】
  • 公用文ルールを文書標準に生かそう!第3回
  • HYBRIDE内にて金融業界についての研修を開催!