大洋システムテクノロジー HYBRIDE(ハイブライド)のblog

㈱大洋システムテクノロジーのコンサルティング部隊HYBRIDE(ハイブライド)によるブログです。 各種ソリューション(データ分析、BPR、PMO、システム関連など)や社員紹介、各種イベントなどの内容をご紹介します。

SPSS

HYBRIDE内にてSPSS研修を開催!

こんにちは!HYBRIDE採用チームです。
今回は3月下旬に社内で開催しましたSPSS研修について、ご紹介します!

■SPSSとは…

資料1
HYBRIDEは、クライアントに対して価値のあるコンサルティングを提供するために「データ分析」「業務改善」「プロジェクト推進」という3つの強みを持って、この3つを柱にビジネスを展開しています。
SPSSはその「データ分析」の中で使用するツールで、エクセルやアクセスなどでは処理が難しい、中規模~大規模のデータを分析する為の、いわゆる「ビッグデータ」に対応できるツールです。
今回は、日々SPSSを使いデータ分析しているチームを束ねる、データ分析のスペシャリストTさんが、SPSSをこれまで触ったことがない人を対象に、社内向けの研修を開催しました。

■SPSSでできること

資料2
SPSSはAccessとは異なり、処理できるデータサイズの上限がありません。さらに、データ処理の速さだけでなく、エクセルのような使いやすさも兼ね備えており、データの処理だけでなく、アウトプットの作成なども含めて対応することが可能です。
こうしたデータは、たとえば製品名などがデータに入力されていることはなく、コンプライアンスやデータ容量圧縮の観点から、全てコード化されていることがほとんどです。

SPSSでは、こうしたコード化されたデータとマスタをマッチングしたり、変数と変数を計算して(たとえば単価と販売数をかけて売上を出すなど)新しい変数を作ったり、必要なデータだけ抽出したりなどの処理や加工が可能です。
また、シンタックスと呼ばれるプログラム機能があり、これを作成して使用すると、自動的に処理を行うことが出来ます。この機能を活用すれば、一度行った処理を、誰もが対応でき、誰もが同じ結果を確実に集計することが可能です。

■使いこなすためのテクニック

資料3
こうした処理の一連の流れの解説のあとは、実際どのようにその処理を行うのかを、より具体的にお話いただきました。
今回解説していただいた処理方法は、主に以下の項目です。
  • データの取り込み~処理開始まで
  • 変数の計算(単純な四則演算~条件を付けた計算など)
  • マスタのマッチング処理
  • データの再構成(データの縦と横を入れ替えたりして、新たなデータを作成する)
  • シンタックス処理
  • データの集計~アウトプットの作成~エクセルやCSVなどへの出力

■研修を終えて

データ分析を行う上で、ツールを使いこなす技術よりも、考え方や観点の方が重要であると思っていますが、こうしたツールの知識を得ることは、新たな考え方や観点を見出し、可能性が広がるきっかけになると思っています。
今はSPSSを使用する機会がないメンバーも積極的に本研修に参加し、知識を吸収することができました。

こうした積極性と、様々なナレッジや経験を持つメンバーが多くいることで、HYBRIDEの柱が成り立っているんだなと実感しました。


HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

HYBRIDEメンバーの紹介③

こんにちは。HYBRIDE採用チームです。

3回目となる今回は、女性のSさんです。

現在HYBRIDEのデータ分析関連の案件を中心に活躍されているSさんですが、これまでにどんな仕事をされていて、なぜHYBRIDEを選んだのか、入社してからどんなことを感じたのかなどをインタビューしました。

事業部長の木村
【私の愛用品】
私の仕事をするうえでの欠かせないものたちです。
ハンドクリームですが、柑橘系の香りはとてもリフレッシュ効果があって、お気に入りのグレープフルーツのアロマの香りがするものを使うと、30秒でリフレッシュ出来ます。
腕時計は、お気に入りの2つの時計を使い分けていて、仕事への気合をいれる為、そして社会人として時間を意識する為、身につけていましたが、今ではすっかり身体の一部になっています。

■ここに入社する前はどんなことをしていましたか?

社内SEとして、顧客分析業務に長年携わってきました。
SPSSを利用した多変量解析を中心に業務を行い、DMの費用対効果を最大化させる為の分析案件を多く行ってきました。
また、それ以外でも各種データの集計や、BI開発、実際の社内のDBやログ解析ツールの運用保守等の業務経験もあります。

■転職をしようと思ったきっかけと、その中でHYBRIDEを選んだ理由は?

長年勤務していた会社が、社内業務の見直しでシステムの運用保守のみを行う会社へと切り替わることが決まりました。私の強みは分析で、そのなかでも誰もが経験ができる内容ではないSPSSを利用した分析が強みです。そのため、顧客分析のチームでのスキルを、このままの環境では生かすことが出来ないと思い、これをきっかけに大好きな分析に特化した企業で働こうと決心しました。
転職活動を行って、最後にHYBRIDEと大手コンサルティングファームのどちらに行くか悩んだのですが、大手のファームよりも、より成長出来る風土、環境があると強く感じたので、最後はその直感を信じてHYBRIDEに入る決心をしました。

■入社する前のイメージと入社した後で、ギャップはありましたか?それはどのようなことですか?

正直、社風や文化になれるまでに3週間程かかりました。
オフィスの環境がオープンなため、自社オフィスに自分の指定の席やロッカーがないこと、また、パソコンを毎日持ち歩く日常は慣れることに時間がかかりました。しかし不思議なもので、数か月勤務して振り返ると、気づいたら慣れていました。

■入社してよかったな、と感じたエピソードはありますか?

一つの業界や一つの内容にとらわれることなく、いろいろな企業の多岐にわたる案件に携われることがとても楽しいと感じています。
知らないスキルも身に付け続ける必要がありますが、それも全て自分のスキルアップになっていると体感できます。

■入社後、どのような仕事をしていますか?その中で感じたやりがいや、成長を感じたエピソードはありますか?

建築系企業のデータの分析、フランチャイズチェーンの分析、製薬系の分析をしています。
それぞれ顧客の企業環境や分析内容は全く異なるのですが、成長は常にしていたいと思っているので、知らなかった業界の案件を行うということだけでも、成長できる要素だと思えます。

■休日はどんな過ごし方(趣味とか含め)をしていますか?

休日にはリラックスすることを重要視し、平日のライフスタイルとは全く異なる事をするように心がけています。
自転車に乗って自然を感じたり、映画を鑑賞し、ただ美味しいものを食べる、親しい友人に会って楽しい時間を過ごす、などです。
賛否両論あるかと思いますが、私の自宅にはあえてTVは置いておらず、なるべく外出して多くの友人に会うように心がけています。

■HYBRIDEはどんなところ(雰囲気など)ですか?

自立した人の集まりです。自ら率先して案件を行い、自身が保持しているスキルを常々共有する文化です。
仕事は自立して行っていますが、助け合える、いつでも意見交換ができる雰囲気であり、実際に活発に意見交換しています。

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!

https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

「DODA転職フェア」に出展いたします!

現在、積極的にHYBRIDEのメンバーを募集しております!
今までシステムエンジニアとして、SQLやVBAを駆使していた方、事業会社でSASやSPSSなどを活用してデータ分析をしていた方、
当社にて、コンサルティングキャリアを構築してみませんか?


日時:10月15日(木)14:00~21:00
場所:東京ドームシティ プリズムホール
ブース番号:I19-1

http://doda.jp/e/fair/

当日は、このようなビラをお配りして、皆さまとお話できることを楽しみしております!

ここには「やれる」か
「やれるようになる」
しかない!
CONSULTING
私たちはンサルティング部隊として、
クライアト企業に対して、常に最適な
ービスを提供しなくてはなりません。
ーティンとは無縁、常に考えることを
求められる、頭のフさが必要な世界で
すが、成長のチャスは多くあります。
そしてあなたの周りにはサポー、応援
してくれる仲間がいます。
一緒に成長できる、そんな仲間を募集
ています。まずは気軽に、ぜひ一度お話
しをしましょう

ブースにはこのようなポスターを張っていますので、見かけましたらお立ち寄りください!

HYBRIDEポスター横
HYBRIDEポスター縦

HYBRIDE(ハイブライド)に興味を持たれた方は、弊社ホームページの採用情報をチェック!
https://www.taiyo-st.co.jp/recruit/

ギャラリー
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDE内にて製薬業界研修を開催!
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【若手社員・新人社員向けの教育体制】
  • HYBRIDEの社内制度のご紹介【賞与制度】
  • 公用文ルールを文書標準に生かそう!第3回
  • HYBRIDE内にて金融業界についての研修を開催!